« 3月27日、鶴見川(その4) | トップページ | 3月28日、鶴見川(その6) »

2024年4月 3日 (水)

3月28日、鶴見川(その5)

鶴川から鶴見川を続けてたどる。鶴川駅から鶴見川に向かう。駅裏から鶴川駅のホームを見る。駅裏にはまだ広い原っぱが広がっている。睦橋。
Img_2384 Img_2385 Img_2386 Img_2387
 
本村橋から見たこどもの国通りの陸橋。こどもの国通りの鉄橋下に宝殿橋がある。
Img_2390 Img_2391
 
水位計がある。対岸の護岸に水位による洪水判断の目安が貼ってあった。監視カメラがあり、リアルで状況がWEBに公開されているようだ。
Img_2394 Img_2396 Img_2398 Img_2397
 
少し下流には飛び石で渡れるところがある。その先に真光寺側との合流があり、開戸親水公園になっている。
Img_2400 Img_2401
 
合流してくる真光寺川と合流手前にある真光寺川の川内橋。
Img_2403 Img_2404
 
ここで初めて一級河川鶴見川という表示があった。精進場橋、いわれは何だろう。精進場橋の全景、近くに精進橋こども広場がある。
Img_2407 Img_2408
Img_2409 Img_2410
 
川にいたアオサギとセキレイ。
Img_2411 Img_2413
 
浄徳寺は寺院に見えない。町田市三輪町に入る。近くに三輪の里という公園があるようだ。
Img_2414 Img_2417
 
恩廻公園に入る。遊水地広場がある。
Img_2420 Img_2419
 
調節地資料館があり、治水事業の展示がしてあった。以前は洪水もあったようだ。
Img_2421 Img_2422
 
恩廻公園は河川改修工事で不要になった古い流れが公園になっている。麻生橋で麻生川が合流する。その先に恩廻橋がある。
Img_2424 Img_2425 Img_2426 Img_2427
 
今回はここをゴールにして、続きは次回にする。
昔はずいぶん鶴見川も暴れ川だったようで、水位計や治水改善がされたようだ。
今は蛇行していた流れも改善されたので、それほど洪水の危険はなさそうだが、油断は禁物だろう。

« 3月27日、鶴見川(その4) | トップページ | 3月28日、鶴見川(その6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

アオサギ君。。。

さぁ~~~、これから冒険だ!!!

みたいな雰囲気で嬉しそうぉ~~~

(^^♪(^^♪(^^♪。。。
プッ~~~ッ!

毎日 毎日 良く歩かれますね。
その都度 いろいろ発見があって、一緒に歩いているような気分です。

今回は小田急線鶴川刈らスタートですか。
このあたりに鶴見川が流れてるとは知りませんでした。
最近は豪雨が多いから水位計や監視カメラは欠かせませんね。
マップを見てたら青葉台の寺家ふるさと村がよさそうです。

考えてみれば、暴れなかった川って無いでしょうね。
周囲が自然のままなら、大いに暴れたでしょうし、人の手が入っても、治りきるものでもない。
完全に押さえつけても、自然環境が疲弊する。
生命とは切っても切れない縁があるわけですから、互いのお付き合いってことですよね。

いかちゃんさん、こんばんは。
4月4日は出かけて返事が今になりました。
アオサギ君、これからエサ取りに出かけるぞというところだったようです。
魚の動きも活発になって豊漁が期待できそうです。

koyukoさん、こんばんは。
4月4日は出かけて返事が今になりました。
だんだん、体を動かすのがおっくうになってきています。
それでもできるだけ歩くようにしています。
毎回面白い発見を探して楽しく歩くようにしています。

yutaさん、こんばんは。
4月4日は出かけて返事が今になりました。
鶴川の駅裏に鶴見川が流れています。
鶴川という地名は関連する集落が鶴見川の流域だったことに由来するそうです。
寺家ふるさと村、行きました。
今日それをアップしましたが冬枯れでちょっと面白みに欠けます。

iwamotoさん、こんばんは。
4月4日は出かけて返事が今になりました。
昔は、川は蛇行して流れを変えるものだと思われていたようです。
今のようにしっかりした護岸工事ができなかったので無理できなかったようです。
護岸工事ができてしまうと面白みのない川になってしまうように思えます。
昔の土手や、組んだ石垣の護岸は見られなく、水の流れも速いです。
自然との調和、むつかしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月27日、鶴見川(その4) | トップページ | 3月28日、鶴見川(その6) »

無料ブログはココログ