« 3月28日、鶴見川(その5) | トップページ | 4日7日、多摩センター »

2024年4月 5日 (金)

3月28日、鶴見川(その6)

鶴見川(その6)です。
前回も出てきたが飛び石で川を横断できる場所がある。前回は一列だったが、今回は千鳥に並んでいる。近くに散策の案内が出ていた。
Img_2428 Img_2429
 
散策路に降りてみたが、この先堤に上がれるかわからないので、散策路は歩かず堤の道を歩くことにした。散策路の先はまた飛び石で対岸に渡る周回するようになっていたので堤の道が正解だった。水車橋がある。水車は見えない。
Img_2430 Img_2431
 
真福寺川との合流点。右側が真福寺川。真福寺川は王禅寺近くを源流とするようだ。
Img_2432 Img_2433
 
上空を伊豆に向かう新中央航空のドニエル機が飛んでいく。この付近が航路になっているようだ。この先に旧の鶴見川の流路跡の恩廻公園のはずれが出てきた。
Img_2434 Img_2435
 
近くに寺家ふるさと村の石柱があった。もう少し下流から寺家川の流れに沿って行くことができるようだ。
Img_2436 Img_2437
 
寺家橋があって寺家ふるさと村への地図が出ていた。
Img_2438 Img_2439
 
ほどなく寺家川への逆流を防止する水門があり、寺家川が流れている。寺家ふるさと村に行ってみることにした。
Img_2440 Img_2441
 
房アカシア、別名ミモザの花が咲いている。スミレも咲いていた。
Img_2442 Img_2444
 
寺家ふるさと村の中心になる四季の家に出た。中に寺家ふるさと村の地図やここで見られる花や鳥の写真などが展示されていた。食事もできる。食事処はかなり混んでいた。
Img_2448 Img_2445 Img_2446 Img_2447
 
寺家ふるさと村、横浜市青葉区の12.3haの農地が特別緑地保全地域となっている。農地が主体だが森もある。水車小屋があった。近寄ってみるが当日は回っていなかった。
Img_2449 Img_2453 Img_2455 Img_2456
 
熊野神社がある。長い階段を上って社殿に参る。ふるさと村の田んぼが望める。神社のある一帯がふるさとの森になっていた。
Img_2450 Img_2451
Img_2452 Img_2454
 
ここからの交通機関は東急バスで青葉台駅に行けるが1時間に一本しかバスが無い。早野というところまで出ると小田急バスで柿生に出られると聞いて、土筆を見ながら早野まで歩いた。すぐに柿生駅行きのバスが来たので乗って柿生駅に出た。
Img_2457 Img_2458
 
今回は恩廻公園から寺家ふるさと村まで歩いてみた。
冬は寺家ふるさと村も枯れた里山が広がる場所で、人もほとんど歩いていなかった。
柿生駅から20分に1本くらい早野バス停への便があり、バス停から歩いて15分くらいだ。
もう少し緑が多くなった時に行ってみたい。
とりあえず今回は寺家ふるさと村がゴールとなった。

« 3月28日、鶴見川(その5) | トップページ | 4日7日、多摩センター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

房アカシア.。。。

こちらでも。。。

春ですねぇ~~~

(^^♪(^^♪(^^♪。。。
(^^♪(^^♪(^^♪。。。

おはようございます
歴史がありそうなところですね 水車 今は見ないですね

寺家ふるさと村 興味深々ですが、寂れたところのようですね。

町田の上小山田あたりの鶴見川の源流があるんですね。
そこから下流を辿る旅はなかなか面白いです。
さきほど高幡不動尊に行きましたが水芭蕉は見頃になっていました。
交通安全祈願殿裏、四季のみちの入口横です。

いかちゃんさん、こんばんは。
房アカシアの花や土筆を見ながら歩きました。
歩いたのが少し前だったので、サクラはまだでした。
今日は天気も回復して、サクラもきれいに咲いていたと思います。

ヒューマンさん、こんばんは。
この周辺は丘陵の麓で、小さな川が集まって昔から人が住んでいたと思います。
それだけに神社や寺院も多く残っています。
最近は観光用に水車小屋のある公園も多くなっていますよ。

koyukoさん、こんばんは。
寺家ふるさと村は横浜市が指定する市民の森の一つです。
どこも自然を生かしている場所ですが、ここは里山風景を残しています。
夏は緑が多く、昆虫が飛び交うところでしょう。
行ったときはまだ冬枯れの状態でしたが、田植えが終わると農村風景が楽しめると思います。

飛び石って、子供の頃なら楽しかったでしょうに、今はかなり怖いです。
加齢は、どんどんと何かを奪ってゆきますね。

ドルニエが真上を飛ぶのですね。 音が変わってますよね。
鎌倉霊園というところにいた時も真上を飛びました。

フサアカシアは房アカシアなんですか、知りませんでした(笑)
我が家のミモザ、全く咲く気配がありません。

柿生も懐かしいなぁ。 よく、柿を買いました。

こんにちは。
鶴見川、源流の泉も随分前に行きましたが、下流も楽しいですね。
寺家ふるさと村に行ったのも随分前ですっかり忘れてます。

やはり川沿いの散歩はいろいろ変化がありますね。

ちびたさん、こんばんは。
鶴見川は町田市の小山田を源流にして、新横浜を通り東京湾に流れる一級河川です。
上流は農業用水として利用され、下流は工業用水として活用されているようです。
ミズバショウ、見に行こうと思っています。

iwamotoさん、こんばんは。
ここの飛び石は幅が狭いので渡れると思います。
近所の川にも飛び石がありますがこちらは間が広くてちょっと渡るのを躊躇します。
ドニエル機に乗って神津島に行ったことがあります。
横浜の上空を飛んでいるのはわかりました。
房アカシア、房というより花の塊ですね。
柿生、禅寺丸という柿が有名です。

リプルさん、こんばんは。
鶴見川の源流は、よこやまの道から歩く人も多いです。
寺家ふるさと村、私も数十年ぶりに行ったと思います。
昔はもっと素朴な里山だったように思います。
川沿いの散策は、鳥や野草の花など見ているうちに距離が伸びます。

こんにちは。鶴見川を良く歩かれましたね。鶴見川は河口までちょうどフルマラソンの距離なので以前源流から河口まで3回に分けて走ったことがありました。その時の景色は今でも良く覚えています。

多摩NTの住人さん、こんばんは。
まだ源流から数キロ、先は長いです。
時々鶴見川に戻って河口への旅をするつもりです。
ようやく横浜市に入る所、これから家からも遠くなるので大変になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月28日、鶴見川(その5) | トップページ | 4日7日、多摩センター »

無料ブログはココログ