« 鶴見川 | トップページ | 3月27日、鶴見川(その3) »

2024年3月28日 (木)

3月21日、鶴見川(その2)

3月21日に歩いた続き。一級河川の鶴見川だが、まだ鶴見川の表示を見ていない。
小山田バス停近くの小川をたどろうと思うが民家の敷地内、追跡ができない。
Img_2159_20240328184301 Img_2161
 
上小山田みつやせせらぎ公園という公園がある。せせらぎという言葉に期待する。この公園にも湧水源があった。
Img_2162 Img_2163
 
この道路の下に暗渠があるようだ。説明する看板が出ていた。
Img_2166 Img_2165
 
上小山田みつやせせらぎ公園は細長い公園でそのはずれに池があって、水門がある。裏に回ると暗渠の水も流れてきて合流している。多分ここが鶴見川の始まりになるのだろう。
Img_2170 Img_2172
 
流れに沿って行くと、やっぱり鶴見川上流端の看板があった。
Img_2173 Img_2174
  
新橋という橋があった。後で調べるとこの橋から鶴見川と称されていることが分かった。この先も畑など民家の中を流れていく。
Img_2175 Img_2176
 
山の端橋があって、脇を水道管も川を渡っていた。
Img_2177 Img_2178
 
庚申塔が納められた祠があり、新しい橋が架かっていた。
Img_2179 Img_2180
 
道路も拡張されるようで道路用地が確保されていた。新竹之内橋。
Img_2182 Img_2183
 
鶴見川の看板が立てられ水門などの治水施設も見られる。
Img_2184 Img_2185
 
遠くに町田市のごみ焼却場の煙突が見える、都立小山田公園への入り口もある。
Img_2186 Img_2187
 
畑には黄色の菜の花と白い大根の花が見られた。
Img_2168 Img_2169
 
川幅もだいぶ広くなってきた。町田市室内プールはごみ焼却熱を利用した温水プール。リサイクル文化センターはごみから作ったたい肥などを使って育てた花の苗などを販売している。
Img_2188 Img_2189
 
まだ川に沿って歩くことはできない。室内プールから下ってきたところに坂下橋がある。
Img_2190 Img_2191
 
日大三高入口交差点、坂を上ったところに日大三高、日大三中のキャンパスがあり、ここから町田市バスセンター、多摩センター、淵野辺駅へバスが出ている。
Img_2192 Img_2193
 
今日は日大三高バス停をゴールにした。学年末に近いこともあってバスはちょっと混んでいた。
鶴見川には最初の一滴というのはなく、いくつかの谷戸や湧水が集まったところが源流となっているようだ。
湧水が暗渠などを通って、水の透明度はだいぶ落ちていた。
きれいな水の流れは期待できないようだ。でも面白い。
もう少し続けて歩いてみたいと思う。

« 鶴見川 | トップページ | 3月27日、鶴見川(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

菜の花に大根の花。。。

季節感満載ですね。。。。。。。

(^^♪(^^♪(^^♪。。。

鶴見川上流端にたどり着きましたか。
出発点からどのくらいかかりましたか?

当たり前ですが、雪が全くないね(^O^)
伊那路にはまだ日陰にはあります。

殆ど毎日 歩いてらっしゃるようで感心しています。健康的ですね。
そして、地域の歴史や文化も勉強になりますね。

都市部での川の始まりは、こういう場合もあるでしょうね。
暗渠も多いですし、街中では、その追跡も大変だと思います。
調べると、この川の全長はマラソンコースと同じくらいなんですね。
短いような気もしますが、国土の保全または国民の経済上の観点から、
特に重要な水系であるという判断は理解できます。

前編とあわせ、拝読しました。
最初の一滴、は難しいですよね。それほど明瞭な川は少ないと思います。

鶴見川というと、神奈川のイメージが強いですが、源流は町田市なのですよね。
流域は町田市、横浜市、川崎市くらいでしょうか。もしかすると、相模原も流域かな?
一級河川としては、少ない自治体で完結してますよね。

いかちゃんさん、こんばんは。
菜の花はよく見かけますが、白の大根の花はあまり見ません。
キャベツや白菜の花も黄色ですね。
畑にもいろんな花が咲いていました。

yutaさん、こんばんは。
唐木田駅からだと1時間くらい、展望広場からは30分ほどでしょう。
うろうろ見て歩いていたので実際は1.5倍くらいかかったと思います。
実は、上流端の看板は、今回初めて見ました。
川の流れを探しながら歩くというのは難しいです。

hashiba511さん、こんばんは。
平地は全く雪はなく、降ったとしても翌日は消えます。
丹沢や奥多摩の山は雪が残っています。
でも、下から見るとまばらに見えるだけで、冠雪という感じはありません。

koyukoさん、こんばんは。
歩くのはもう病気のようなものになっています。
ガイドブックなどを参考にしますが、現地に立っている説明板は参考になります。
今住んでいるところも長くいたのではないので、地域に溶け込むために歴史などが参考になります。
多摩ニュータウンも宅地化が進んで昔の雰囲気が亡くなっているようです。

iwamotoさん、こんばんは。
宅地化が進んできたことも流れの途絶える原因でしょう。
昔ながらの小川だと治水もむつかしいのだと思います。
下流では洪水も起きているようで、流れを変えることもやっています。
昔は農業に貢献する貴重な水源だったと思います。
高度成長期には工業用水としても使われたのでしょう。

small-talkさん、こんばんは。
川の始まりは谷戸の湧水から始まるのでしょう。
その水は田んぼに使われたりして消えたり出たりするので、流れを見極めるのは難しいです。

鶴見川、確かに神奈川県の川のイメージですね。
もっとも水源の町田市も三多摩移管で東京市になった地域です。
鶴見川は、町田市、横浜市、川崎市、横浜市と流れていく川です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴見川 | トップページ | 3月27日、鶴見川(その3) »

無料ブログはココログ