« 3月22日、武蔵砂川駅からのウオーキング | トップページ | 3月21日、鶴見川(その2) »

2024年3月26日 (火)

鶴見川

住んでいる多摩ニュータウンの近くに鶴見川の源流がある。
そこを訪ねてみようと、小田急多摩線唐木田駅から歩く。駅前に唐木田電車庫が広がっている。奥に見えるのはごみ焼却施設。
Img_2108 Img_2109
 
少し行くと大妻女子学園がある。大学院、大学、高校、中学のキャンパス。南尾根幹線道路を行く。
Img_2110 Img_2111
 
大和証券多摩研修センターがある。南尾根幹線道路を挟んでショッピングセンターがある。
Img_2113 Img_2114
 
三菱東京UFJ銀行多摩ビジネスセンター。東急自動車学校がある。ここで高齢者運転技能講習を受けた。
Img_2115 Img_2116
 
KDDI東京ネットワークセンター。東京都水道局唐木田配水場がある。
Img_2117 Img_2118
 
ここはよこやまの道の始点終点でもある。坂を下っていくと唐木田駅を経由して京王線若葉台まで緑道が続いている。
Img_2119 Img_2121
 
鶴見川の最高地点・山王塚の標識がある。展望台から鶴見川の河口付近が見渡せる。真ん中の鉄塔脇の 左あたりが鶴見川の河口らしい。右の奥に見えるなだらかな丘陵は房総半島とある。
Img_2120 Img_2122
 
鶴見川源流の泉を目指して野道を行く。
Img_2123 Img_2124
 
この付近の谷戸が鶴見川の最初の一滴になるようだがよくわからない。細い溝が続いている。棚田跡のような場所がある。大きな木が朽ちかけている。
Img_2125 Img_2127 Img_2129 Img_2131
 
この先に集落が見えてきた。道路わきに道祖神などの石仏がある。
Img_2137 Img_2138
 
浄土真宗大谷派・正山寺。この先はしばらく農道が続く。
Img_2144 Img_2146
 
鶴川源流の泉は谷戸からの流れとは別に湧水が豊富に出ている。説明看板が随分薄くなって文字が読みにくい。
Img_2150 Img_2151
 
源流の泉から続く小川、民家の裏手に行って流れが消えてしまった。
Img_2154 Img_2157
 
近くに神奈中バスの終点小山田バス停があった。フットパスの地図があるが鶴見川の源流がよくわからなかった。今日はここまでの紹介にする。
Img_2159 Img_2160
 
鶴見川は町田市を源流として、川崎市、横浜市を通って東京湾にそそぐ1級河川だ。
GoogleMapをみると鶴見川源流、鶴見川源頭入口、野中谷戸、北の入り谷戸といった場所が並ぶ。
ここから離れて鶴見川源流の泉があって、どれが鶴見川の元なのかわからない。
とにかく鶴見川の源流を突き止めたいと思ったので、次回に続く。

« 3月22日、武蔵砂川駅からのウオーキング | トップページ | 3月21日、鶴見川(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

はるか向こうに続くまっすぐな道。。。

先端が細く続く道。。。

その向うの真っ青な青空にポッカリ浮かぶ雲。。。

気持いいですねぇ~~~

(^^♪(^^♪(^^♪。。。
(^^♪(^^♪(^^♪。。。

大学や企業の出先があるとは、
鶴見川 1級河川 近隣に貢献しているのですね

場所がよく分かりませんでしたので、地図で調べました。
目や耳に馴染む写真や地名が出てきてるので。
前回、東京へ行った時に、多摩境のコストコへ行きました、そこから遠くない所ですね。
鶴見川は、短いけれど一級河川ですか、工業用水でしょうか。
源流への旅って、あるそうですね。 この一滴が大河となる、みたいな。

いかちゃんさん、こんばんは。
多摩ニュータウンは玉の丘陵地帯を開発したところがわかります。
昔の街道や農道が入り組んで今も残っています。
その間にショッピングセンターや会社の研修センターなどがあります。
まだ農村風景が残っています。

ヒューマンさん、こんばんは。
多摩ニュータウンは住宅地ばかりではなく、大学や企業の研修センターも多いです。
そのほかにもアニメ会社や印刷会社、バイオ野菜工場などもあります。
そんな場所が一級河川の源流なんですよ。

iwamotoさん、こんばんは。
車だと多摩境から御殿トンネルを通ればすぐですね。
鶴見川は昔は農業用水だったと思います。
多摩川と相模川にはさまれた相武丘陵には貴重な水源だったでしょう。
源流をたどるというのはちょっとした冒険にもなります。
私も多摩川を羽田から源流の水干までさかのぼったことがあります。
ぶらっと遡上探検(https://freedomwalk.blog.fc2.com/)というブログもあります。

今晩は「西やん」さん、拍手コメントありがとうございます。
鶴川源流の泉が、水源の一つになります。付近に谷戸が多くて、沢からの複数の流れ込みや湧水も水源になりますね。URL紹介、逆にありがとうございます。多摩地区界隈の散策記事、寄った場所も在り、懐かしく拝見しております。初見の場所も在り、機会が有れば寄りたいと思っています。

唐木田は行ったことがないです。
学校や企業の施設などが多い所ですね。
黒川は以前行きました。
駅から少し歩くと里山風景が広がっていいところでした。

ぶらっと遡上探索さん、こんばんは。
鶴見川の源流、どこかと迷ってしまいます。
澤があっても途中で消えてしまってトレースできません。
勝手にURLを貼り付けてしまいましたが、良かったと言ってもらってうれしいです。
また鶴見川の遡上も計画してください。
ブログはフォローさせて頂いています。

yutaさん、こんばんは。
唐木田も黒川と同じですね。
駅からちょっと歩くと里山と企業のコラボになっています。
ちょっと不思議な感じの場所です。
メイン道路から外れると、完全に里山になります。
唐木田は広い地所が確保できるので学校や企業の施設ができるのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月22日、武蔵砂川駅からのウオーキング | トップページ | 3月21日、鶴見川(その2) »

無料ブログはココログ