« 小江戸 川越七福神めぐり | トップページ | 電線を地下に埋める工事 »

2019年1月26日 (土)

東京都埋蔵文化物センター

私の住んでいる多摩センターは食料などが手に入りやすく大昔から人が住んでいたようだ。多摩ニュータウンの建設が始まった時この遺跡が見つかり調査されて出てきた埴輪などを保存する施設として東京都埋蔵文化物センターができた。前から気になっていたので行って見た。
Img_1793

ここは小高い丘に隣り合ったところに立っている。小高い丘からは何軒ぶんかの竪穴住居跡が見つかったらしい。室内展示から見る。
石器や黒曜石のかけらが展示されている。
Img_1782 Img_1784

土器や鉄剣もある。
Img_1785 Img_1786

土器の収蔵庫もガラス越しに見ることができる。
Img_1788

中世から江戸時代のものも展示されている。すり減って穴の開いた硯。埋められて発見された銅銭もあって昔の人が隠していたのだろうかと思う。
Img_1790 Img_1791 Img_1787

子どもたちが試せる道具の模型もある。
Img_1792

外にも展示がある。
Img_1799 Img_1797

住居も復元されている。中で火が燃やされていたが、暗くて写真には写らなかった。屋根の上には風で屋根が飛ばないよう土を盛っているのも復元されている。
Img_1794 Img_1798

発掘された形の展示もある。
Img_1796

東京都には1000ヵ所ほどの遺跡が見つかっているそうで図書室にはそういった資料が見られるようになっている。
すぐそばにはサンリオピューロランドがあってそのアンバランスが面白い。
Img_1800

こういう施設が近くにあるのでまたゆっくり見てみよう。


« 小江戸 川越七福神めぐり | トップページ | 電線を地下に埋める工事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こういった所で往時を偲ぶのいいですね。
石器や土器もすごく精巧にできていることに驚きます。
群馬にも渋川市に埋蔵文化センターがあって、最近では
甲を着た古代人などで人気を呼んでいます。

近くに歴史的遺跡があったり、最新の施設があったり楽しめますね、私の所は昔の大山街道沿いの宿があった街なので探せば何かあるかな?

このような施設で見学も良いですね
こちらの市にも貝塚がありそこから掘り出した
土器などが博物館で見られます
最近行ってますです(笑)
どんな生活をしていたのか想像しかできませんが
大変だったようですね。

おはようございます

大坂なおみ、やりましたねぇ~~~
飲みながら盛り上がってました(* ̄m ̄)プッ !

おはようございます
多摩センターも遺跡があったのですね
府中でも発掘された土器などを見ました

大連三世さん、こんばんは。岡本太郎は埴輪は有名人が作ったのではないが大芸術だと言ってました。
最近はどこの市も博物館を持っていてその死の成り立ちを展示していますね。
わが市は博物館はなくて、この施設も都の施設です。

欽ちゃん、こんばんは。どこの市も歴史があるので古い地層に埋まっているでしょうね。
関東は富士山の噴火でいろんなものが埋まったと書いてありました。
でも海に近いところは貝塚などあるんでしょうね。

imaipoさん、こんばんは。タイムスリップして古い世代に行ったら何をするかと空想します。
しかし、食べ物などはいいとしても水やトイレといった日常生活は困るでしょうね。
今は蛇口をひねれば水は出るし、水洗トイレという便利な生活に慣れきっています。

いかちゃんさん、こんばんは。私も気になってニュースを探していました。
突然に全豪で優勝の文字が流れた時は嬉しかったですね。
リアルで見ていたら祝杯でしたね。

ヒューマンさん、こんばんは。多摩ニュータウンの周囲には遺跡が多いようです。
隣の町田市や日野市にも遺跡が復元されています。
わが市では畑から石器が出てきたりしたそうで、庭に置いている家もあります。

歴史探訪の会で近くの歴史を少しだけ学びますが、
ロマンが広がりますね。。 (#^.^#)♪ ♪ ♪。。。

いかちゃんさん、こんばんは。この地域には古道研究会という会があって時々勉強会があります。
私も何度か参加しましたが防人が通った奥州道とか、鎌倉街道など面白いです。
古い道路があったところには石仏や小さな祠などがあることが多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/75014726

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都埋蔵文化物センター:

« 小江戸 川越七福神めぐり | トップページ | 電線を地下に埋める工事 »

無料ブログはココログ