« 初雪 | トップページ | 神宮外苑のイチョウ並木 »

2016年11月25日 (金)

高倉健特別展

東京駅北口にある美術館、ステーションギャラリーで高倉健の3回忌を追悼する特別展が開かれている。
Dscn1092
招待券をもらったので女房と見に行った。(館内は写真撮影禁止なので内容の写真はなし )出演作205本の大部分をさわりだけ映像で見せているほか、台本や小道具、ポスターなどが展示されている。
高倉健というと昭和残侠伝などやくざ映画のイメージが強いが初期の出演作には「多羅尾伴内」や「べらんめえ芸者」、「宮本武蔵」、兵隊物などがある。片岡千恵蔵、美空ひばり、中村錦之助、嵐勘十郎、丹波哲郎たちと共演していて新しい面を見た。
東映時代の後半は「網走番外地」「昭和残侠伝」などのやくざモノで共演も鶴田浩二、藤純子、若山富三郎など。
フリーになってからは「幸福の黄色いハンカチ」「八甲田山」「ブラックレイン」「鉄道員(ポッポや)」など話題作だ。
それぞれ短いが映像で見ることができて懐かしかった。ポスターには懐かしい俳優の名前が出ていてこれもうれしい。
惜しむらくは有名な腕時計とかの高倉健の私生活での物の展示が全くなく人物像が見えない。まだ開催されて間がないのと入場券の買い方が面倒なせいかあまり見に来ている人は多くなかった。入って2時間30分ほどかかってしまった。
この美術館は東京駅の2階、3階にあるので建物も興味があった。古いレンガの壁が歴史を思わせる。
Dscn1093 Dscn1094
参考までに
高倉健の特別展は来年1月15日まで開かれている。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
入場料は1300円です。

« 初雪 | トップページ | 神宮外苑のイチョウ並木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寡黙でしぶい演技の人というイメージが強いですが、幸の黄色いハンカチで共演した武田哲也さんがラーメンをすするシーンで、
高倉健さんがそのシーンの為食事しないで臨み自分は演技が下手ですからとボソッと言った時はしびれたと話をしていましたが私も驚きでした。
ご夫婦でゆっくり見物出来て良かったですね

東京駅に美術館ありましたね。
看板を見た記憶があります。
高倉健の没後の私的なことは、なんだかもめ事があるようで
公開どころではないのかもしれないですね。

こんばんは
小生も健さんのファンでほとんどの作品を観ています
最後のあなたへも観に行きました 理想の男性像ですね

欽ちゃん、高倉健の素直な気持ちの展示がなかったのが残念でした。
初期のころは青春もの、歌謡もの、時代劇なのなんでも出ていたみたいです。
共演者も懐かしい顔がありました。

大連三世さん、無くなるといろいろあるようですね。
遺産を引き継いだ人が価値を知らず個人にゆかりのものを売ったという話も聞きます。
そういう話を聞くと残念です。

熊取のおっちゃん、私はフリーになってからの作品しか見ていません。
亡くなった直後に昭和残侠伝などがテレビで放映されたのを見ましたが。
改めてみると渋い俳優でした。若いころははにかみながら出ている感じでした。

こんにちは
良い時間を過ごされましたね
高倉健、やくざ映画よく見に行きました
最近は映画館へ行かずTVで放送されるものを
楽しんでます。

imaipoさん、なかなか見ごたえある展示でした。
任侠ものもすごかったけど、八甲田山やブラックレインなど忘れていたものを思い出しました。
最近はなかなか映画館に行けませんね。
昼はなんだか後ろめたい感じがあります。

もう3回忌になるのですか早いものですね。
ここに書かれてある映画のそれぞれが浮かんできますよ。

三面相さん、男なら高倉健の映画、かなり見てますよね。
ほとんどテレビで見てますが、幸福の黄色いハンカチなど2,3本は映画館で見ました。
昭和30年ごろの映画はほとんど見ていませんが、共演者が懐かしいメンバーでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/68580292

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健特別展:

« 初雪 | トップページ | 神宮外苑のイチョウ並木 »

無料ブログはココログ