« 富士山ろくのレンゲツツジ | トップページ | 桶川の紅花 »

2016年5月31日 (火)

鶴ヶ鳥屋山(1374m)

中央線の笹子に降りて鶴ヶ鳥屋山に行ってきた。
9時21分に笹子に着いた電車は私と女性の二人だけ、登山スタイルは自分のみ。
Dscn0532
 
駅も完全に無人になっていた。
駅の前から歩く。いきなり熊注意の看板が出ているのでクマすずを付ける。最初のうちは舗装された林道を進んでいく。林道の終点から山道に入り沢を何度か渡り返しながら歩く。
Dscn0533
 
沢から外れるとジグザグの急登を登っていく。周囲は春ゼミが鳴いている。先日の富士山山麓ほどではない。
Dscn0534
 
1時間ほど登ったら林道に出た。道は林道の擁壁を登って続く。
Dscn0536
 
更に30分ほど登ったら尾根に出た。右に行けば本社ヶ丸、左が今日の目的地鶴ヶ鳥屋山だ。
Dscn0538
 
山の反対側の斜面に山つつじの群生があって満開になっている。予期していないだけにうれしい。
Dscn0541 Dscn0542 Dscn0543 Dscn0544 Dscn0545 Dscn0546
 
ツツジは場所によって花の数も大きさも違っている。
アップダウンを繰り返して山頂に着いた。誰もいない。ここまで登ってくる間も誰にも会わなかった。
Dscn0547
 
昼めしを食べるが虫が多い。虫よけのスプレーを撒いてしのぐ。
昼めしを終わって落ち着いて木の間を見ると雲がかかった三つ峠山が見えていた。
Dscn0553
 
初狩駅に下ろうと急な坂を下る。 道路脇が猪に掘り返されている。それも新しい。
2時間ほど下ると沢に出て更に下ると林道に出た。林道から舗装された道に出て20分ほど歩いたらリニア実験線が道路の上を通っていた。
Dscn0555
 
集落に入って初狩駅に着いた。結局最後まで誰にも会わず、熊や猪にも遭遇しなかった。
Dscn0556

次の電車まで30分もあるので国道に出てコンビニでビールを買いのどを潤した。電車に乗るまでに汗も乾いた。

« 富士山ろくのレンゲツツジ | トップページ | 桶川の紅花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
人にも熊にもイノシシにも合わず
完全単独行でしたね。
猛獣に出くわさなくて何よりでした。

大連三世さん、あんまり人がいないのも寂しいですね。
山道に蜘蛛の巣があるところもありました。
でもみどりは良かったです。

クマなどの動物には会いたくはないでしょうが
人の姿もないのも寂しいですねえ。
この最近はよくUPされていて活動的ですね。

おはようございます
山つつじを見ながらの登山
貸切状態、の山登りも良いものでしょうね。

三面相さん、あまり人が多いのも嫌ですが全くいないのは寂しいです。
最近は友人と花などを探しながら歩くのを始めています。
思いがけないところに花を見つけて喜んでいます。

imaipoさん、あんまり人がいないと迷ったかと思ってしまいます。
この山域はあまり人が入っていないんですよ。
倒木も多くてもう少し手を入れれば人も来ると思うんですが。

熊や猪に合わなくて良かったですね、山ツツジを見れたのは良かったですね
誰にも合わないとちょっと不安ですね、私なら尻込みしてしまいそうです

欽ちゃん、高尾山のように人が多いのも疲れますが、誰もいないのも寂しいものです。
1000m位の山は道もわかりにくいところがあって、気を使います。
クマ、猪に出合わなかったことで良しとしたいですね。

こんばんは
関東の山でも静かに歩ける山があるんですね
このような静かな山が好きです

熊取のおっちゃん、静かな山はいっぱいありますが整備が悪いのです。
どこの自治体も山道整備は優先度が低いですね。
地図をにらみながら感を働かせて行くのも面白いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/65775838

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴ヶ鳥屋山(1374m):

« 富士山ろくのレンゲツツジ | トップページ | 桶川の紅花 »

無料ブログはココログ