« 東村山の菖蒲 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山(1374m) »

2016年5月29日 (日)

富士山ろくのレンゲツツジ

富士山ろくの大石茶屋で有名なレンゲツツジを見に同行の仲間と行ってきた。
富士吉田登山口の中の茶屋に車を置く。中の茶屋は江戸時代富士講の盛んな時代からの茶屋で風情がある。富士講の石碑がいっぱい建っている。
Dscn0529 Dscn0491
富士山の裾野とは思えない 樹林帯を歩いていく。木の間からまだ雪が残っている富士山が見える。
Dscn0494 Dscn0497
旧大石茶屋のそばに天然記念物になっているレンゲツツジの群生がいきなり現れた。レンゲツツジだけを見に大石茶屋に来る客も多かったと案内板に書いてある。
Dscn0523 Dscn0505 Dscn0508 Dscn0521
蝦夷春ゼミの鳴き声の中を登っていく。なかなかセミの姿が見えない。草むらでセミを見つけた。気をつけてみると木にもいた。
Dscn0511 Dscn0514
中の茶屋から2時間ほどで馬返しに着く。富士山への登山はここからが本格的になる。山頂まで515分という標識が建てられていた。周囲に富嶽信仰の名残がある。
Dscn0519 Dscn0517
富士登山マラソンは富士吉田市役所からこの登山道を登り山頂まで数時間で走り登る。とても人間とは思えない。
我々はここで折り返して中の茶屋に戻った。登るときは気が付かなかったが中の茶屋には山つつじが咲いていた。
Dscn0528
周囲は赤松の林でなかなか良い景色だ。
今日のルートは標高1100mから1450mを歩いた。
Dscn0499
帰りは日帰り温泉で汗を流した。

« 東村山の菖蒲 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山(1374m) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いやー雰囲気が良いですね
新緑の中にツツジの花色が映えて良いですね。

imaipoさん、明治、大正時代は一面がレンゲツツジだったそうです。
しかも自然のままで。
徳富蘇峰や、岡田紅葉などがツツジを見るために来たそうです。
その後盗掘で淋しくなったのを地元の努力で回復しつつあるということです。

いよいよレンゲツツジの季節ですね。
富士山のレンゲツツジですか、ここは知らなかったです。
行ってみたいですね。
赤城山も来週には見頃になりそうです。

こんばんは
富士吉田口は、行ったことのない
登山口ですが、このようなところ
があったのですね!
515分と聞いてもピンときませんが
長いですね。
1日前に富士山へ登ってきました(^^)

昔から盗掘はあるのですね、今朝の新聞に大井町山田の復元里山でやまゆり200株が盗掘されたと掲載されていましたが、ボランティア団体が少しずつ増やしていたのが全滅したと嘆いていましたが、花は咲いている所の環境が有っているのにと悲しくなります。レンゲツツジが一面に咲くのを願うばかりです。

大連三世さん、ここのレンゲツツジは富士桜とともに天然記念物になっています。
珍しいのではないでしょうか。
保護されているので中に入れないのが残念です。

三重の山男さん、この登山口から登っていくと佐藤小屋に出ます。
江戸時代から富士スバルラインができるまではこのルートがメインです。
1合目、2合目と合目の区切りに神社が残っています。
今回は馬返しまでしか行っていませんが、以前このルートで五合目まで行きました。
いい道です。

欽ちゃん、先日も家の近くで似たような話を聞きました。
自分だけがいいと思う人が多いんですよ。
高山植物は持って帰っても枯れてしまうのに馬鹿な人がいるんですね。

こんばんは
こちらで岩湧山のレンゲツツジやヤマツツジも終わり
初夏の山になっていますよ

熊取のおっちゃん、そうですかツツジも終わりですか。
関東はまだまだツツジが楽しめます。
種類がいろいろあるんでしょうか、街路のツツジでも満開がありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/65732360

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山ろくのレンゲツツジ:

« 東村山の菖蒲 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山(1374m) »

無料ブログはココログ