« 棚横手山(1306m) | トップページ | 高水山(759m) »

2015年6月 6日 (土)

鷹ノ巣山(1737m)

6月6日朝、起きたら雨が降っていたが天気予報は雨が上がったら今日は降らないというので山に行った。JR鳩ノ巣駅から本仁田山に行くつもりで立川駅に行ったらホリデー快速奥多摩号がホームにいたのでそれに乗った。電車の中で時刻を確認したら奥多摩到着8時21分で8時35分発の東日原行に乗れることがわかり鷹ノ巣山に行くことにした。電車から降りてバス停に出たら東日原行の増発バスが出ていった、少し待って定時のバスに乗る。
バスの中で今日はフリースを持ってきたと言う人がいて笑われていた。
途中の川乗り橋で半数が降りた、川苔山に行くグループだ。終点の東日原には増発便で着いたグループが登山の準備をしていた。中日原まで歩く。水場で水の補給や準備している人が大勢いた。

Img_7695

水分は麦茶とポカリを持ってきたので登山口に行く。

Img_7696

雨も上がって青空も出てきた。沢まで降りる。釣り人が竿を振っている。

Img_7698

稲村岩の分岐まで1時間ほど登っていく。

Img_7699

3人ほどが休んでいるのでここで水休憩とする。リュックを置いて稲村岩に行く人もある。私は前回登っているのでパスする。山道を登っていくと木が相当倒れている。まだ葉が残っているので最近倒れたようだ。

Img_7700

標高が1500m位からガスの中に入ったようだ。バスを降りて3時間ほどで山頂に着いた。

Img_7702

横の二等三角点は完全に埋まっていない。山頂には5グループほどがいた。こちらも昼食にする。寒くて震えるほどだ。バスの中でフリースを持ってきたと言って笑われていた人がいたが正解だ、正面に富士山が見えるはずだが周囲は真っ白で何も見えない。

Img_7704

山つつじも色が良く見えない。20分ほどで下りに入る。伸びたワラビが生えている防火帯の中の道を下っていく。ガスがますます濃くなっていく

Img_7706

1000mを切ったころからガスが薄れた。奥多摩湖に下るか、直接奥多摩駅に下るか迷った。六ッ石山の分岐で奥多摩に下ることにした。更に下る。

Img_7707

標準時間より早く15時20分ごろ奥多摩駅に着いた。駅近くのスーパーでビールとピーナッツを買って飲む。

本日の標高差:1120m。

« 棚横手山(1306m) | トップページ | 高水山(759m) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

駅を降りた時は暖かかったのに頂上ではフリースが欲しいほど寒かったり山の天候は差が有るので色々と準備しておかなければいけないのですね、この時期ガスがかかりやすいようですが山歩きを楽しんで下さい。

バスの中で笑っていた人は寒かったでしょうね。
フリースを持って行った人は良かったでしょう。
準備万端でないとだめですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/60279232

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹ノ巣山(1737m):

« 棚横手山(1306m) | トップページ | 高水山(759m) »

無料ブログはココログ