« 高水山(759m) | トップページ | 本白根山最高地点(2150m) »

2015年6月22日 (月)

編笠山(2523.7m)

6月22日、八ヶ岳の前にある編笠山(2523.7m)に行った。
観音平まで車で上がる。ここの標高はすでに1560mになっている。

Img_7784

30台ほど駐車できる駐車場がほぼ満車だった。聞いたら夏シーズンに向けて山道の草刈りを地元の人たちがやっているとのこと。ありがたい。
空いた場所で準備して登り始める。八ヶ岳らしい灌木の中を歩いていく。

Img_7785

新緑が目に鮮やかだ。ところどころに山つつじが咲いている。更紗ドウダンも花が咲いている。

Img_7789Img_7792

1時間ほどで雲海という標高1880mの場所に着く。

Img_7788

この周辺にも山つつじ、更紗ドウダンの花が咲いていた。
更に1時間ほど歩いて押手川に着く。ここは標高が2000mを超えている。

Img_7794

ここで昼食にする。20分ほどで歩きだす。ここから石がごろごろしている急登になる。

Img_7798

登るほどに道の傾斜が急になるように思われる。途中梯子もある。押手川から90分ほどで山頂に着いた。

Img_7800

山頂は30センチほどの大きさの岩石が広がる原っぱで遮るものがない。しかし今日は雲が遮っている。風が流れているのか時々雲が晴れ視界が広がる。

Img_7801Img_7805

雲が晴れると権現岳のごつごつした山頂が見え、ギボシとの稜線に権現小屋が見えた。写真を撮って青年小屋方向に下る。最初は樹林帯を歩いていくが次第に石のゴロゴロした道になる。視界が開けると青年小屋が見えた。

Img_7814

小屋近くのテント場には3張のテントが張られている。頂上から30分ほどで小屋に着く。

Img_7818

小屋の庭にクロユリが咲いていた。岩場の間には岩鏡の花も咲いている。

Img_7817Img_7813

青年小屋から編笠山のまき道を取って押手川に戻り、往路を観音平に下る。16時30分ごろ観音平の駐車場に着いた。

本日の標高差:944m

« 高水山(759m) | トップページ | 本白根山最高地点(2150m) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

色々な花が咲き出しているのですね、地元の人が草刈りをしてくれありがたいです。雲の切れ目から景色が楽しめて良かったですね

欽ちゃん、コメントありがとう。
最近は山のボランテイアが手入れしてくれているところがあって助かります。
先日も箱根で宿屋の若主人のグループが山道の手入れをしていました。
梅雨の晴れ間にいい歩きができました。

こんばんは
梅雨の合間の間隙を縫っての山登りで
雨にもあわず良かったですね。
毎日安定しない日々が続いており、計画が
難しいですね。
八ケ岳が見えるとテンションが上がりますね。
富士山が見えればもっといいのでしょうけれども。
当分、計画が難しい状況が続きますね。
残念ながら梅雨明けも遅くなるらしいですね。

三重の山男さん、コメントありがとうございます。
当分の間、雨の合間を使って山に行くようです。
今回の山も晴れていれば見晴らしが期待できると思います。
次回は晴れている時を狙ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/60478025

この記事へのトラックバック一覧です: 編笠山(2523.7m):

« 高水山(759m) | トップページ | 本白根山最高地点(2150m) »

無料ブログはココログ