« 笹尾根(1098m) | トップページ | 日の出山(902m) »

2014年10月 1日 (水)

続・笹尾根(1188m)

9月30日笹尾根の先日の続きを歩いてきた。
今回は平日の山歩きで武蔵五日市のバス停もすいていた。8時57分発の数馬行に乗って浅間尾根登山口で降りる。バス停前に案内板が出ていた。

Img_6888

いきなりジグザグの登りを歩く。道の要所要所に立派な標識が立っていて道案内してくれる。NPOの団体が整備しているようだ。

Img_6893

1時間ほどで大羽根山に出た。バス停が標高600mほどなので390m位登ったことになる。北側が開けていて御前山などが見える。

Img_6890

バス停から1時間ほどで笹尾根の登山道に合流した。さらに15分ほど歩いて先日の数馬峠に到着した。

Img_6896

ここからまっすぐに登っていく。ここは日本山岳耐久レースのコースなので狭い道を走るのは大変だろうと思いながら歩く。
登山道に栗のいがが沢山落ちているがほとんど中身がない。食べた殻が少し残っている。多分イノシシが食べたのではないかと思う。

Img_6898

いがが青いところをや残っている身がまだ乾燥していないところを見るとまだ時間がたっていないと思われ思わず回りを見た。残っている実もあるので拾う。いくつかの場所で取っていたら両手にあふれるほど集まった。山栗はうまいのでお土産にする。
山道から外れて掘り返した跡がまっすぐ続いている。

Img_6905

みみずを探して鼻で掘り続けたのだろう。
1時間ほどで西原峠に着いた。

Img_6902

ここから5分ほど登ったところが槇寄山だった。

Img_6903

ここのベンチで昼食にする。誰もいないのをいいことにゆっくりコーヒーも楽しむ。気が付いたら1時間も過ぎていた。西原峠に戻り数馬への道を下る。
今日の行程では花はほとんど見られなかった。1時間20分ほどで数馬に着いた。数馬の湯まで歩いていく。

Img_6906

風呂に入って汗を流す。今日は天気が良かったのでかなり汗をかいた。風呂から出てビールでのどを潤した。
バスで武蔵五日市の町に戻ったら祭礼で露店が数多く出ていた。

今日は平日でバスの便もあって三頭山まで行きたかったが途中で断念した。続きは次の機会だ。
本日の標高差1250m。

山で拾った栗は小粒だったが妻が皮をむいて栗ごはんにしてくれた。ほくほくとしておいしい栗だった。

« 笹尾根(1098m) | トップページ | 日の出山(902m) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

収穫した山ぐりのご飯美味しくて良かったですね、涼しくなってきたので山歩きには良い季節になりましたので楽しんで下さい。

欽ちゃん、コメントありがとうございます。
アケビもなっていたけど、サルが食べたのか中は空でした。
キノコもたくさん出ていたけど危なくて取ってきませんでした。
アシタカやクリタケなど食べたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/57547831

この記事へのトラックバック一覧です: 続・笹尾根(1188m):

« 笹尾根(1098m) | トップページ | 日の出山(902m) »

無料ブログはココログ