« 武甲山(秩父)に登る。 | トップページ | 多摩川源流の笠取山に行く »

2013年5月13日 (月)

高畑山、倉岳山を歩く

5月11日、友人たち3人と山梨の高畑山、倉岳山に行ってきた。
JR中央線の鳥沢駅で集合した。駅には登山客が多く下車したが、高畑山方面への登山客はいないようで扇山などを目指すようだ。
舗装道を歩き、中央線の線路下を小さな狭いガードでくぐる。しばらく歩くと鹿除けネットを抜けて登山道に入る。小篠貯水池に出ると山藤の花が水に写っていた。

Img_5363

沢沿いの道を登って穴路峠分岐に着く。昔はここに石仏があったらしいが今は無い。峠への道を行くと倉岳山に向かうことになるが、我々は高畑山への道を進む。
ところどころに山つつじが咲いている。

Img_5368

しばらく行くと木々の間から扇山が見える。仙人小屋跡の小さな看板を過ぎてからジグザグに高度を上げて行く。檜の林を抜け明るい尾根に出る。ここから10分ほどで高畑山の山頂に着いた。

Img_5371

山頂には先客が10人ほどいて昼食をとっていた。
富士山が雲に隠れているが少し見える。

Img_5372

我々もここで昼食にする。食べている間に10人ほどのグループが到着して山頂は満員状態になった。40分ほど頂上で時間を過ごし倉岳山に向かう。
いったん急斜面を下る。今日はGPS高度計を持ってきたので確認すると150mほど下る。穴路峠からまた登りになる。道が急で足場が悪く難儀をする。雨降りなら下れないかもしれない。2時前に倉岳山に到着。

Img_5375

富士山はすっかり雲に隠れた。少し行動食を食べ、下りに入る。こちらも急坂を下っていく。いくつかアップダウンを繰り返し立野峠から尾根を外れる。谷を降りていくのでGPSは全く役に立たなくなった。
話題は下りてからビールが入手できるかになった。事前の地図検索ではコンビニもないような感じだった。
周囲はかなり大きな木もあってなかなか良い感じだ。大きなトチの木がそびえている。

Img_5379

何回か沢を渡りかえして車道に出た。桂川を梁川大橋で降りたところに酒屋を見つけた。ビールを購入する。店内にちょっとしたテーブル、いすがあるのでここで飲むことにする。店オリジナルの日本酒もある。缶詰めをつまみに宴会になってしまった。店主夫妻と話し込み電車を何本か見送って日本酒を2本もあけてしまった。

Img_5381

柁原商店http://www2.ocn.ne.jp/~kajihara/index.htmlありがとう。

本日の歩行数31000歩、標高差700m

Img_5362

« 武甲山(秩父)に登る。 | トップページ | 多摩川源流の笠取山に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

乾いた喉にビールは美味しかったでしょうね、その後に日本酒二本とはすごい!!

欣ちゃん、3人で4合瓶2本です。
この店はワインもオリジナルを出しているようです。
もう一度行きたい店ですね。

こんばんは
たいへんご無沙汰しております~
もうしばらくしましたら、復帰できると思います。

色んなところへ行かれているようですね!
いゃ~、2升をあけるとは凄いです・・・(^^♪

いつもコメントありがとうございます。
連休は頑張って群馬に遠征しました。
普段は、なかなか行く機会がないので、
毎年連休に計画するのですが、今年は
尾瀬も積雪量が多く、たくさんのミズバショウ
には会えませんでした。
今年の旬は、6月上旬くらいでしょうかね。

三重の山男さん、お久しぶりです。
さすがに2升は無理です。
3人で4合瓶2本でした。
この店は創業100年以上でなかなか趣あります。
ファンも多いようでほかのブログにもたびたび登場します。
また行きたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548193/51614670

この記事へのトラックバック一覧です: 高畑山、倉岳山を歩く:

« 武甲山(秩父)に登る。 | トップページ | 多摩川源流の笠取山に行く »

無料ブログはココログ